企業向けサーバーOS

綺語向けのサーバーOSではLinuxが採用されることが多くなっています。Windowsサーバーも使われていますが、サーバーとしてはLinuxのシェアが拡大傾向にあります。Linuxにはいくつかのディストリビューションがありますが、企業での利用ではRedhatがよく利用されるようになってきています。Redhatは老舗のLinuxディストリビューションであり、多くの互換ディストリビューションもあります。

古くからLinuxを支えているディストリビューションであり、対応するソフトウエアやハードウエアが多いことが特徴となっています。レッドハット版のLinuxは企業が必要とする有料サポートが行われます。サポートはインシデント制であることが多いですが、企業にとってはWindowsサーバー並のサポートがあるとして評価されています。また、サポートが必要ない場合にはCentosなどの互換ディストリビューションも利用できます。

互換ディストリビューションについてはCentosの他にもいくつかありますが、Centosはレッドハットの支援も受けながら長期サポートを実現しています。レッドハットは最新技術を追いかけるFedoraというディストリビューションももっていますが、レッドハットとしては長期サポートをしっかり行って企業をサポートしています。長期サポートは10年近くに及ぶことも多く、企業にとっては長くハードウエアが使えるとあって好評です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*