パワーコンディショナーを選ぶ際のポイントとは

太陽光発電においてパネル同様に重要な役割を果たすものにパワーコンディショナーがあります。

役割としては大きく2つの内容があり、パネルで作られた直流電気を使用できる交流に変換すること、周波数や電圧を調整し電気の品質を一定に保つことがあります。

システム発電量は、簡単には太陽光モジュールの発電量とパワーコンディショナーの変換効率を掛け合わせることで決まるために、選択をする際にはポイントを押さえておく必要があります。
パワーコンディショナーの選択では、まず、モジュールの最大出力以上の最大定格出力の製品を選ぶ必要があります。

最大定格出力とは、出力可能な電力の最大値のことを指します。

例えば5kWモジュールに対して4kWの製品の場合、定格出力を越えて発電があっても超えた部分は捨てられることになり、容量以上の負荷がかかることで寿命を短くしてしまう可能性もあります。

次に電力変換効率があり、現在、製品の多くは95%前後の能力を有しています。
変換効率が高ければ高いほどロスする電気は少なくなり、効率的な発電が可能となります。



パワーコンディショナーは長期間に渡って使用するために少しの数字の違いでも影響を与えることになり、ここでは、よく確認をした上で選択をする必要があります。



選択では機器そのものの能力の他に、音にも注意が必要になります。
主に、運転開始・終了後、運転時における高周波音があり、購入をする際にはどの程度の音が発生するのか確認をしておく必要があります。

また、設置場所も考慮する必要があり、気になるようであれば屋外への設置も1つの方法となります。