パワーコンディショナーの特徴と役割り

パワーコンディショナーとは太陽光パネルで発電させた電力を、変換させることで家庭用で使用できる電力になります。

そもそも太陽光発電の仕組みが電流と電圧が一定の組み合わせのときにしか発電できる仕組みなっています。



そのために、日照時間、天候に発電量が左右されてしまうことがデメリットになっていま。
特に曇りの日などは電圧と電流の変動が大きく不安定な発電量になってしまいがちです。

パワーコンディショナーの機能は、その太陽光パネルのデメリットを調整しながら、太陽光パネルで発電される電力を調節してより多くの電力を供給できるようする特徴があります。



パワーコンディショナーのもう一つの大きな役割は電力会社から電気を購入したり、太陽光発電で余ってしまった電力を余剰電力として販売する時の電力系統との連携をさせる大切な役割があります。



太陽光設備の周波数の上昇、低下の検出・過電、電圧不足、系統電力の停電などを検出して電力会社との電力を切り離す働きを行っています。
何か異常が発生したときは、自宅の家電製品、電気系統を守って事故を防ぐためにパワーコンディショナーが出力を遮断してくれます。そんなパワーコンディショナーですが太陽光発電の中でもトラブルが起きやすい場所です。選ぶ際には変換効率、価格、最大定格出力、保証、大きさなど様々な角度から選ぶことができますので、色々なメーカーを比較してより良いものを購入できるようにしましょう。