パワーコンディショナーの選び方

パワーコンディショナーは、太陽光発電のパネルから供給される直流の電気を家庭用の電化製品が扱えるよう交流に変換する機器です。

海外製から日本製までさまざまなメーカーが製品を出しており、電気の変換効率や保証年数の延長、電気の最大供給量など、メーカーごとに力の入れている機能や性能が異なっています。


選び方の始めにまず知っておくべきことは、パワーコンディショナーと太陽光パネルは同じメーカー品のセットで購入しなければならないことで、他社のメーカーと組み合わせて購入した場合は、メーカー保証の対象外となってしまうため、検討する際は念頭においておきましょう。



なお保証について、保証期間を重視される場合は有償で保証期間が延長できますが、可能かどうかはメーカーに問い合わせると良いでしょう。



パワーコンディショナーの大きさは一般的なエアコンと同じぐらいで、屋内設置、屋外設置、兼用設置可能なものと分かれています。海沿いの地区に建ててある家屋への設置は基本的に屋内設置でしたが、耐蝕性能の向上により、海からの潮風の塩害対策を施した製品も出てきてるなど、設置場所の自由度が広がってきています。

変換効率は価格の高い製品ほど電気の変換ロスが少なく、数パーセントほどの違いですが、数年単位で見ると効率の違いによる電気料金に差が出てきます。



基本的に価格の高い機器ほど高性能、高効率での運用ができますので、自宅での電気使用量を加味した上で検討するとよいでしょう。