パワーコンディショナーの変換効率

いまでは一般家庭でも太陽光発電が普及してきており、住宅団地のなかを見ても、屋根に太陽光パネルが取り付けられている光景を多く目にします。この太陽光発電ですが、太陽光パネル以外にも、さまざまな装置を設置して、ひとつのシステムを組み上げています。そのなかのひとつになっているのが、パワーコンディショナーと呼ばれる装置です。

太陽光パネルで発電する場合、その電力は直流になっています。



しかし、家電製品は交流の電力を前提としてつくられており、コンセントから供給されている電力もすべて交流の状態です。



そこで、太陽光発電による電力を交流に変換して、家庭でも使えるような状態にするのが、このパワーコンディショナーの役割となっています。逆にいえば、パワーコンディショナーがなければ、せっかく太陽光発電をした電力も、家庭のなかで使うことはできませんし、電力会社に送って売り払うこともできないことを意味しています。



太陽光パネルが発電した電力は、最終的にそのすべてを利用できるわけではなく、さまざまな装置を通過するたびごとに、いくらかのエネルギーのロスが発生しています。


パワーコンディショナーを通過する場合も、やはり、変換の際にエネルギーのロスが発生していますが、変換効率が高い製品ほど、ロスが少なく、太陽光発電による電力を無駄にしないで活用していることになります。
そのため、製品の購入にあたっては、なるべく変換効率の高いものを選択するのが適切です。