パワーコンディショナーの選び方

パワーコンディショナーは太陽光発電の電気を家庭で使用するのに必要不可欠です。

作られたままの状態では、電気は使用できないからです。

太陽光発電用のパネルで発電された電機は直流電気なので、交流電気に変換する必要があります。


潮流から交流への変換を行うのがパワーコンディショナーです。

太陽光発電パネルとの相性は、メーカーに問い合わせるのが確実です。



業務用と家庭用で、太陽光発電は発電量が異なります。


太陽光発電のパネルの最大出力を把握して、最大出力以上の数値を確保しましょう。


パワーコンディショナーを選ぶときは、最大定格出力を確認します。
最大定格出力が、太陽光発電のパネルの最大出力に相当します。

最大出力に対応しないと、せっかく発電しても、作られた電気を最大限に活用できない状態になってしまいます。



初めて太陽光発電の設備を設置する場合は、必ず最大定格出力が合致しているか確認しましょう。
パワーコンディショナーの最大定格出力が、太陽光発電のパネルの最大出力と相応して対応できれば、作られた電気が無駄にならずに済みます。



無駄にならないようにするためだけでなく、設備としての安全面でも重要です。

設備機器類は、性能を最大限に発揮できる状態に維持管理しておくことで、スムーズに機能する場合が多く、性能が最大限に発揮されない環境では設備に負荷がかかってしまう恐れがあります。設備機器類への負荷を減らせば、機器としての寿命を延ばす効果につながります。