蓄電をする場合のパワーコンディショナーの選択

家庭において太陽光発電をする場合には、蓄電システムを併設しておくと、より効率性が高まるといわれており、実際に導入している家庭も数多くみられます。
蓄電システムは、リチウムイオンの蓄電池を搭載した大型のもので、通常は屋外に設置され、電力を一時的にたくわえておくことができる機能を有しています。

電力会社が供給している電力は、あまり需要がない深夜電力の価格が割安になっています。
そのため、蓄電システムのなかに深夜電力をたくわえておいて、必要に応じて利用するようにすれば、電気代を大きく節約することが可能になります。

このような深夜電力のストックがあれば、太陽光発電による電力も、別に自宅内で使わなくても、電力会社により多く売却することが可能になります。
クリーンエネルギーの普及を奨励するための国の後押しもあって、現在は家庭で発電された太陽光の電力は高い価格で買い取ってもらうことができますので、できるだけ多く売電できたほうが、メリットも大きくなります。



太陽光発電と蓄電システムを並列させる場合、パワーコンディショナーの選択については、はじめから考えておく必要があります。



パワーコンディショナーは、太陽光発電による電力を、直流から交流に変換するための装置です。



家庭での利用や売電の場合、パワーコンディショナーでの交流への変換は必須となりますが、逆に蓄電システムにストックする場合は直流のままが適切です。
そのため、パワーコンディショナーについても、蓄電システムに対応した製品となっていることが求められます。