太陽光発電に欠かせないパワーコンディショナー

太陽光発電で太陽光パネルと共に必要とされるパワーコンディショナーは、太陽光発電には欠かせない装置です。


最大の役割は、太陽光発電でつくられた直流の電力を、交流に変換することです。

電力会社から各家庭に供給される電力は交流なために、それに合わせる必要があります。

パワーコンディショナーの役割は、単に電流の変換だけではありません。
他にも、電力会社との電気のやり取りをスムーズに行うための系統連系保護機能や、太陽光発電の発電量を最大化する機能、自立運転機能などが含まれています。


太陽光発電では、余った電力を電力会社に売るシステムがあります。


系統連系保護機能は、電力会社側の停電や家庭の太陽光発電の不都合などが起きた場合に、双方を遮断する働きのことです。



この機能により、電力会社との連携がスムーズに行きます。



太陽光発電は、電圧と電流が一定の組み合わせの場合のみ、発電を行いいます。太陽光発電で使用する自然の太陽光は、季節やその日の天候により条件が異なるため、パワーコンディショナーにより発電量を最大化する電圧と電流の組み合わせが選ばれます。



自立運転機能は、停電時でも太陽光発電が利用できる機能です。
家庭では災害時にこの機能が役に立ち、自宅の太陽光パネルで発電された電力を、電力会社からの電気供給無しに使うことができます。

パワーコンディショナーは各メーカーから販売されていますが、基本的に太陽光パネルとパワーコンディショナーは同じメーカーの製品を使うように奨励されています。