パワーコンディショナーは太陽光発電に不可欠の変換器

パワーコンディショナーとは、変換機器のことで、太陽光発電システムや家庭用燃料電池を利用する上において、重要な役割を担っています。


発電された電気を家庭などで利用できるようにするためのインバータの一種です。

ソーラーパネルから流れる直流の電気を、パワーコンディショナーを利用することで交流に変換し、通常利用可能な状態に置き換えます。
日本の家庭で供給されている電力は、単相三線200Vの交流が標準で、単相100Vと単相200Vの機器が使用可能となっています。

よく利用されているパワーコンディショナーの価格の情報が揃っています。

太陽光発電によるパワーコンディショナーの役割は、家電製品に悪影響を与えないよう、安定した電圧と周波数で交流出力ができるように調整しています。
端的に言うと、自家用発電機と同じ役割を果たしていて、電力が屋内分電盤に送られることで家庭内に届けます。


電力会社と系統連系型で配線接続されている場合は、出力された電力は家庭内に供給され、家庭内で消費しきれない余剰分が電力系統に送られることで売電されます。



停電時でも日射があれば、自立運転機能により、完全な停電状態を回避できるのがパワーコンディショナーの魅力です。
太陽光パネルの作る電気は、気象条件等で変化しますが、パワーコンディショナーは、ランダムな電圧と量で入力されてくる電気を、安定的にかつ最大量、取り出せるように調整します。



また、事故を防ぐために系統連系保護機能が組み込まれていて、何らかの異常が発生した際は、出力を遮断して、家の中にある電気製品や系統をトラブルから守ります。